眼科医 吉野健一ブログ相談室

眼科医 吉野健一 眼科のお悩みお聞きします

目の悩みにお答えします!

斜視・弱視眼へのオルソケラトロジー

2019/03/25 11:49
お名前:●●●●
年齢:40代後半
性別:女性
送付先ご住所:栃木県那須塩原市
メールアドレス:●●●●@docomo.ne.jp
ご相談内容:初めまして 19歳の息子の件でご相談させていただきます。
息子は、3歳の時に右目のみ 斜視・弱視との診断を受けました。その後、メガネと左目をアイパッチで隠す方法で矯正を行なってきましたが、現在は 右 D -3.50   左 D -1.75 のコンタクトを使用しております。それでも右は見えにくいようで、どうしても左目で見てしまうようです。そこでご相談ですが、オルソケラトロジーの治療は斜視・弱視でも可能でしょうか?よろしくお願い致します。
--
このメールは 吉野眼科 (https://www.yoshino-eye-clinic.com) のメール相談フォームから送信されました

@右 D -3.50   左 D -1.75 の近視をオルソケラトロジーで矯正することは可能ですが、19歳であることから弱視そのものを治療することはできません。メガネやコンタクトレンズで矯正した最高視力を超える視力を得ることはできません。


吉野先生
お忙しい中、ご回答ありがとうございました。
これ以上、治療方法もなく息子の目が良くなる可能性が低いのは承知しておりますが、医学の進歩で少しでも希望があればと、今でも望んでいる次第です。
しかし、先生の方からはっきりとおっしゃっていただくことで、違った意味で切り替えができるようになります。
少しは希望を持ちつつ、前向きにいきたいと思います。ありがとうございました。

視力不良の原因をまずは明らかにしましょう!

2019/03/04 17:41

お名前:●●●●
年齢:20代後半
性別:男性
送付先ご住所:東京都港区
メールアドレス:●●●●@gmail.com
ご相談内容:受診を検討していますが、相談事項が複数あるため、事前にメールをお送りさせていただきます。可能であれば、3/10(日)に受診したく考えています。

具体的な相談内容としては非常に視力が落ちてきており

①眼鏡屋では、これ以上の矯正が難しいとの話をうけた(眼科併設等ではなく、普通の眼鏡屋の担当の方) →詳細な診察をお願いしたい、眼鏡再作成のための診察

@何故矯正が難しいのかを精査しましょう。強度近視の方は、年齢不相応に白内障が早く進む場合がありますし、近視性黄斑変性の可能性、緑内障の可能性、円錐角膜の可能性等みてみましょう。

②免許更新のタイミングであるが、視力が基準を満たしていない →対策があればご教示いただきたい

@検査の結果をみて検討致しましょう。

③レーシック・ICLについて説明を受けたい(まずは資料いただくだけ等でも結構です)

@先ずはその適応があるか否かから診察します。

 

④コンタクト作成のための診察(眼鏡での対応が難しい場合等)

@コンタクトレンズの処方は、一般の検査と同時にできません。先ずはコンタクトレンズで視力の回復が得られるか確認する必要があります。

以上ご確認のほどお願い致します。

--
このメールは 吉野眼科 (https://www.yoshino-eye-clinic.com) のメール相談フォームから送信されました

レーシック手術を受けると目が大きくなるか?

2019/03/11 10:48

お名前:藤崎萌恵乃
ふりかな:ふじさきもえの
年齢:10代後半
性別:女性
送付先ご住所:●●●●千葉県成田市
メールアドレス:●●●●@i.softbank.jp
ご相談内容:レーシック手術を受けたいのですが、黒目を大きくすることは可能ですか?

2019/03/15 23:34

●●●●様:
端的にお答えします。
レーシック手術で黒目を大きくすることはできません。
しかし、こんな論文もあります。
近視の状態だと目を細めてものを見ますが、レーシックを受けて視力が向上すると目を細める必要がなくなるため、しっかり目を開けて物を見れるので結果、目が大きく見えるということは言えるようです。角膜や眼球そのものが大きくなることはありません。
**********************
医療法人社団爽見会
吉野眼科クリニック 吉野健一
〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階
TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com
**********************

 

小学生のオルソケラトロジー(通院について)

Monday, March 18, 2019 9:27 AM

●●●●様:

以下@でお答えいたします。

2019/03/17 18:21
お名前:●●●●
年齢:10代前半
性別:女性
送付先ご住所:東京都東村山市
メールアドレス:●●●●@samba.ocn.ne.jp
ご相談内容:小学5年生の孫娘が少しづつ視力低下が進み、現在右0.3.左0.5です。3/13の日経記事でオルソKの近視進行抑制が最近認められているとのことで、検査して適応可能であれば受信を考えています。

@裸眼視力から推測するに、強度の近視ではなさそうなので、まずオルソケラトロジーの適応はあるのではないかと推測します。

但し、貴医院へは通院1.5h程度かかることと平日は学校ありで休日希望ですが、連続した定期健診などでどうしても平日となるケースがあるのでしょうか?
その場合、時間の配慮(放課後とか)は可能でしょうか 保護者●●●●

@予約は込み合いますが、幸い当院は土日祝日も診療を予定していますので、受診するのであれば週末ということになるでしょう。ただし、急なトラブルが起きた時は平日受診ということになりますので、学校との兼ね合いが難しいですね。滅多にないことですし当院での経験はありませんが、角膜感染症のような重症なトラブルの場合には何れにしても学校を休まなくてはならないと思います。急変したような場合、三多摩地区の私の知り合いの眼科を紹介できればいいと思いますが、現時点では調べてみないとわかりません。

 --

吉野先生

早速のご返事有難うございます。少し通院時間が掛かるのですが、成長期なので一番信頼できる先生に診てもらおうと思います。4月は予約一杯との事で5月以降に予約取って受診したいと思います。

宜しくお願い致します。

●●●●

**********************
医療法人社団爽見会
吉野眼科クリニック 吉野健一
〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階
TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com
**********************

手術前の涙点プラグ

2019/03/18 21:07
お名前:●●●●
年齢:30代前半
性別:女性
送付先ご住所:奈良県
メールアドレス:●●●●@gmail.com
ご相談内容:今度ICL手術を受けようと思ってるのですが、今ドライアイで涙点プラグをしてます。
ICL手術は涙点プラグをしたまま手術可能なんでしょあか?
術後、涙がたまって感染症になりやすくなるとかありますか?
お忙しいと思いますが、よろしくお願いします。
--
このメールは 吉野眼科 (https://www.yoshino-eye-clinic.com) のメール相談フォームから送信されました

 

●●●●様
メール相談ありがとうございます。

早速お答えします。
長期に挿入されているプラグには、バイオフィルムと呼ばれる菌塊が付着していることが多く、これが眼内炎のリスクを高める可能性があります。
私個人的には術前にプラグは抜去し、涙囊洗浄を行い、プラグ挿入が必要であれば、術直後または術翌日に再挿入するでしょう。
***********************************
医療法人社団爽見会
吉野眼科クリニック 吉野健一
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com
***********************************

老眼年齢へのICL

2019/03/21 15:23
お名前:●●●●
年齢:50代後半
性別:男性
送付先ご住所:〒●●●● 埼玉県新座市
メールアドレス:●●●●@gmail.com
ご相談内容:HPを拝見し、ご相談します。
58歳、両目0.02~0.04で長年コンタクトを使用していましたが、昨年辛くなり止めました。最近目が非常に疲れ、眼鏡もきつくなるときもあります。白内障はほとんどでていないと思います。また眼鏡をかけている限り老眼は気になりません。こんな年齢・状態でICLで視力矯正は可能でしょうか。また目の辛さ・疲れは改善されるでしょうか。
--
このメールは 吉野眼科 (https://www.yoshino-eye-clinic.com) のメール相談フォームから送信されました

 

●●●●様:

50代後半ということですが、ICLの適応はありません。老眼に関して慎重にならざるを得ない大きな問題がありますし、遅からず白内障になる可能性が高く。ICLのメリットを享受する期間が短いからです。
**********************
医療法人社団爽見会
吉野眼科クリニック 吉野健一
〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階
TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com
**********************

レーシック術後8年の患者さんから

以下@でお答えいたします。

題名:ホームページ【メール相談フォーム】からのお問い合わせ

お名前:●●●●
年齢:40代前半
性別:女性
送付先ご住所:〒●●●● 東京都世田谷区
メールアドレス:●●●●@gmail.com
ご相談内容:はじめまして。
10年近く前にレーシック手術を受けました。
不具合は有るものの8年ほど前に施設が倒産してから目の検査は受けず、何とか折り合いをつけていました。
2〜3年前から近くが見えなくなり、近所の眼科で検査を受けました。
通常時は−0.5の近視なのにミドリンを点眼すると+0.75の遠視になるとのことでした。

 

@大手近視近視矯正センターによくあるパターンです.術後の近視の戻りに対する追加手術を煩わしく思い(コスト的にも手術枠の設定にも)最初から強めに矯正することがよくあり,これがレーシック難民を作る一つの理由です.全ての人に近視の戻りが起きるわけではないので,戻りが起きない方にとっては過矯正となり辛い状態を強いてしまいます.

 

また、まばたきが異常に多いとのことでした。
ただ、レーシックを受けたことを伝えると態度が非常に冷たくなり、詳しい説明は聞けませんでした。
+0.75の遠視を放置しておくと危険なのでしょうか?


@危険というより,年々近くが見づらくなるので老眼鏡をかける必要が出ること.それを我慢していると眼精疲労(目の奥が重い,肩がこる,頸がこる,頭痛,吐き気,眩しい等)の症状が辛くなるということはあります.

また、まばたきが多いのもレーシックが関係しているのでしょうか?
遠視による眼精疲労が原因でまばたきが多いのでしょうか?


@一般的に瞬きの増加はどちらかというとドライアイが原因かと思います.

まばたきが多いと何かしらの悪影響が出るのでしょうか?


@見た目の問題でしょうか?落ち着きなく見えるかもしれません.

近視戻りという話をよく聞きますが、近視戻りして遠視が治るということは有りますか?


レーシック手術による近視の戻りは術後8年も経っていれば無いと思います.レーシック手術による近視の戻りはせいぜい術後1年で落ち着きます.一方で,加齢よる白内障が進んでくると近視化することはあります.

もし貴院で目の検査を受ける場合、一般外来なら通常の保険適用で受けられるのでしょうか?
レーシックを受けた目だと、視力検査なども全て自費になってしまいますか?


@術後8年経っていれば保険診療で見ることになると思います.しかし厳密にいうと,レーシックによる不具合を主訴とする場合は全て自費診療となります.

沢山質問してしまい申し訳ありません。
レーシックを受けたと言うと人格を否定されてマイナスなことばかり言われてしまうので非常に困っています。


@眼科医の中にもレーシック手術に偏見を持っている方がたくさんいます.適応を守り適正な手技で手術が行われれば極めて満足度の高い手術なのですが残念です.まあ調子の良い方は眼科を受診しませんから,レーシック手術後で受診する方は不調を訴える方しかいないわけですので無理もないかもしれません.確かにごく稀に治療に抵抗するレーシック術後の患者さんもいらっしゃいますが,その後のフォローで改善する人がほとんどです.レーシック手術を受け人生を享受している人がほとんどである現実を知って欲しいです.

ご回答いただけると助かります。
何卒よろしくお願いいたします。
--
このメールは 吉野眼科 (https://www.yoshino-eye-clinic.com) のメール相談フォームから送信されました

他院で受けたレーシック術後のお悩み(過矯正)

お名前:●●●●
年齢:30代前半男性
送付先ご住所:青森県●●●●
メールアドレス:t●●●●@gmail.com
ご相談内容:はじめまして。
2012年に初めて●●でレーシックを受け、以来近見時の眼痛に悩まされてきました。当初両眼とも+0.75でした。駅のホームで対岸の駅の案内板の内容が読める程でした。
現在はオートレフ上は正視に近づいて来てはいるのですが、眼痛も当初よりは軽減しましたが、それでも依然として近見時の眼痛が続いており、同時に視野欠損も進行しつつあります。
この眼痛が視野欠損の直接の原因になっているかはわかりませんが、このまま視野欠損が近見時の眼痛と共に進行してしまわないか心配しています。そのため読書などする際に、常に不安が付きまといます。
社会人として働いていましたが、●●大学医学部に2014年編入入学し、医師国家試験を先月終え、合格していれば4月より研修医として働く予定です。
病理でのスケッチや国試の勉強中は地獄のような痛みを我慢し、少ない勉強時間の中で、何とかやってきましたが、今後医師として働く中でも、やはり眼痛が軽減しているとはいえ、視野欠損の進行も心配ですし、合わないメガネによる眼精疲労の様に、合わないレーシック後の眼による眼精疲労であれば、再手術(過矯正を治すリバース)をお願いしたと考えています。
正視というのも、毛様体筋が常に緊張してしまっているためかもしれないと考えています。ミドリン以上に筋弛緩できる薬があれば、それらで一度検査して頂きたいと思っています。
なお、間欠性外斜位も同時にありますが、どちらかといえば、私は再手術の方を希望しています。理由は、レーシック以前は、間欠性外斜位は問題になっていなかったからです。
長くなり、申し訳ありません。
吉野先生の他院でのレーシック不具合者を救いたいという気持ちに感謝の気持ちを持って連絡させて頂きました。
よろしくお願いいたします。
--
このメールは 吉野眼科 (https://www.yoshino-eye-clinic.com) のメール相談フォームから送信されました

●●●●様:

過矯正の中、よく頑張りましたね!ご卒業おめでとうございます。
個人的に思うに、レーシック後の不具合はつくづく「過矯正」と「角膜過敏症(これは非常に稀)」にあると感じています。
●●さんの場合、過矯正が不具合の原因であるならもう行っているかもしれませんが、まずは+(遠視矯正)のワンデー使い捨てレンズを一定期間使用し、症状の改善がみられるかシミュレーションを行ってみて欲しいです。それにより、
1)確かに過矯正が原因であることを確認できる
2)再手術の矯正度数をどのくらいにするかを知ることができる
というメリットがあります。
レーシック後の遠視矯正再手術は、近視矯正よりも予測性の低下があることと、フラップ下に角膜上皮細胞が迷入するepithelial ingrowthが懸念されるなど気をつけなくてはならないことがあります。
 
また、視野欠損も進行しつつあるとのことですが、これはレーシック術後合併症というよりは、基礎に緑内障があったのではないでしょうか?強度近視は緑内障のリスクファクターです。
 
ミドリン以上に筋弛緩できる薬とのことですが、低濃度(0.01%)アトロピン点眼液を試してみてはどうでしょう。自家調整で作成できます。
 
以上御検討ください。
お住まいが遠方ですので来院が大変であれば、これ以上のお答えは、下記に添付したごとくの当院HPの1ページ内にある「CLINICS」をクリックし、診療メニューの「屈折矯正手術 セカンドオピニオン外来(自由診療」からアクセス頂き携帯電話でお顔を見ながら音声でオンライン診療で有料でお受けします。よろしければアカウント登録(無料)をしていただき、ご都合の良いオンライン診察時間をお選びください。

f:id:yoshino8dr:20190304020157p:plain

〜〜〜〜〜〜〜
医療法人社団爽見会
吉野眼科クリニック 吉野健一
〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階
TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com
〜〜〜〜〜〜〜

コンタクトレンズがもはや使えなくなった人からのご相談

 

お名前:●●●●
年齢:50代半ば
性別:女性
送付先ご住所:調布市
メールアドレス:●●●●@icloud.com
ご相談内容:強度近視で、16才からコンタクトレンズ使用、ここ数年は眼鏡も併用しています。昨年頃より近視がすすみ、眼鏡で0.3、コンタクト0.7程度になりました。昨年硝子体出血で飛蚊症になり定期検査は受けています。コンタクトはコンディションにより装着できないことがあり、眼鏡では仕事で使うPCも見づらく、非常に不便を感じます。5年ほど前にレーシックは適用外と診断され手術は諦めていましたが、この後の人生の生活の質をあげたくこの年齢で可能な治療につきご教示頂けますようお願いいたします。

@年齢的にはやや早いのですが、強度近視の方は通常よりも早く白内障が進行します。矯正最高視力が、眼鏡で0.3、コンタクト0.7程度ということは白内障が出てきたか、または近視性の黄斑変性症があるのかもしれません。前者であれば白内障手術で良好な視力が得られます。後者の場合はなかなか難しいケースもあります。いずれにしましても診察してみなければわかりません。
お住まいがやや遠方ではありますが、一度拝見させていただければと思います。
 
吉野先生
ご回答をありがとうございました。
最初の説明が言葉足らずで申し訳なかったのですが、眼鏡0.3、コンタクト0.7は矯正最高視力ではありません。
眼鏡は-8位ですが、度数をあげると長時間かけていられなくなります。コンタクトは度数をあげると手元が見にくくなるため−9位を装着しています。
 
白内障手術で良好な視力が得られば、嬉しい限りですが、飛蚊症の定期検査では、白内障の所見はありませんでした。HP拝見いたしましたが、iclも年齢的には対象にはならないでしょうか。
この先数十年コンタクトレンズを使用できるのか不安です。
一度吉野先生に診察をお願いしたいと思います。白内障、iclの適応検査を予約すればよろしいでしょうか。
よろしくお願いいます。
〜〜〜〜〜
医療法人社団爽見会
吉野眼科クリニック 吉野健一
〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階
TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com
〜〜〜〜〜
このメールは 吉野眼科 (https://www.yoshino-eye-clinic.com) のメール相談フォームから送信されました

近視・老視(老眼)でお悩みの中年女性より

お名前:●●●●
年齢:50代半ば
性別:女性
送付先ご住所:調布市
メールアドレス:●●●●@icloud.com
ご相談内容:強度近視で、16才からコンタクトレンズ使用、ここ数年は眼鏡も併用しています。昨年頃より近視がすすみ、眼鏡で0.3、コンタクト0.7程度になりました。昨年硝子体出血で飛蚊症になり定期検査は受けています。コンタクトはコンディションにより装着できないことがあり、眼鏡では仕事で使うPCも見づらく、非常に不便を感じます。5年ほど前にレーシックは適用外と診断され手術は諦めていましたが、この後の人生の生活の質をあげたくこの年齢で可能な治療につきご教示頂けますようお願いいたします。

 

●●●●様:以下@でお答えいたします。

@年齢的にはやや早いのですが、強度近視の方は通常よりも早く白内障が進行します。矯正最高視力が、眼鏡で0.3、コンタクト0.7程度ということは白内障が出てきたか、または近視性の黄斑変性症があるのかもしれません。前者であれば白内障手術で良好な視力が得られます。後者の場合はなかなか難しいケースもあります。いずれにしましても診察してみなければわかりません。

お住まいがやや遠方ではありますが、一度拝見させていただければと思います。


吉野先生
ご回答をありがとうございました。
最初の説明が言葉足らずで申し訳なかったのですが、眼鏡0.3、コンタクト0.7は矯正最高視力ではありません。
眼鏡は-8位ですが、度数をあげると長時間かけていられなくなります。コンタクトは度数をあげると手元が見にくくなるため−9位を装着しています。
白内障手術で良好な視力が得られば、嬉しい限りですが、飛蚊症の定期検査では、白内障の所見はありませんでした。HP拝見いたしましたが、iclも年齢的には対象にはならないでしょうか。
この先数十年コンタクトレンズを使用できるのか不安です。
一度吉野先生に診察をお願いしたいと思います。白内障、iclの適応検査を予約すればよろしいでしょうか。
よろしくお願いいます。
**********************
医療法人社団爽見会
吉野眼科クリニック 吉野健一
〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階
TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com
**********************
 

もはやコンタクトレンズが装用できなくなった円錐角膜の方のご相談

お名前:●●●●
年齢:40代前半
性別:男性
送付先ご住所:杉並区
メールアドレス:●●●●@gmail.com
ご相談内容:円錐角膜があり視力矯正が可能か診断して頂きたく、初診で伺いたいです。ただ現在オルソケラトロジー(オサート)を利用しておりまして、それをしばらく中止してから伺うべきでしょうか? それとも、ひとまず現状のままで伺ってもよろしいでしょうか。

なお、貴クリニックを知ったきっかけは、会社の上司が上野の吉野眼科でICLを受けたと聞きまして、信頼出来そうと思った次第です。
よろしくお願いいたします。


@赤坂の三井メディカルクリニックでオサートを処方してもらったのでしょうか?なかなか問題があるのではないですか?
当院での診察をご希望とのことですが、円錐角膜コンタクトレンズ、または強膜レンズ、ICLをご検討であればオルソケラトロジー(オサート)は2〜3週間ほど中止した状態で受診された方が良いと思います。

 

吉野先生
ご返事ありがとうございます!
おっしゃる通りで、オサートを利用し既に3年ほど経ちますがなかなか問題があります。
視力は0.07→1.0のように上がり凄いのですが、視力の割に見えづらかったり不安定だったりして、日常生活の見え方の質が低いです。
日々辛いのでなんとかこの状態から脱却したく、(可能であれば)手術も含めて対処方法をご相談させてください。
コンタクトの使用は中止し、2/15(金)の午前に初診で伺おうと思います。
とはいえ円錐角膜の右目はメガネで矯正しきれず、
コンタクト無しで2〜3週間過ごすのは相当厳しいですが・・・。
なんとか工夫して乗り越えます。
どうぞよろしくお願いいたします。
●●●●

 

医療法人社団爽見会
吉野眼科クリニック 吉野健一
〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階
TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com

このメールは 吉野眼科 (https://www.yoshino-eye-clinic.com) のメール相談フォームから送信されました

他院で受けたレーシック術後のお悩み(フラップトラブルか?)

●●●●様:

メール拝読しました。
以下@でお答えいたします。
お名前:●●●●
年齢:30代後半
性別:女性
送付先ご住所:〒410●●●● 静岡県●●●●
メールアドレス:●●●●@gmail.com
ご相談内容:
セカンドオピニオンの必要性を知りたいです。


@まず、セカンドオピニオンの必要性があるかは否かは、主治医の説明が理解できない、または納得いかない場合にその道のエキスパートに第3者的立場からの見解を聞きたいか否かということによります。


12月16日にとある医院でレーシック手術を受けました。
私は近視はなく、100パーセントの乱視です。
術前の適性検査の視力検査では両目とも1.0ありました。


@ということは近視や遠視がなく、視力も乱視はあるがぼやけた(1.0)は見えていたということでしょう。それでもご自分も納得した上で手術をお受けになったということは、その乱視は手術にて治した方が良いほど強かったのではないかと推測しますが如何でしょうか?


当初10分から15分程度と言われた手術ですが、手術中に、黒目の状態が良くない(医師の間では「黒目がゆるい」と言うじょうたいだそうです)ことが分かり、途中で執刀医が変わったりし、20分近くの手術だったようです。


@黒目の状態が良くない(医師の間では「黒目がゆるい」)という表現ではいまひとつ正確な状況が把握できないのですが、何らかのトラブルがあったことは確かなようです。レーシック手術では角膜フラップを作成しますが、その際に使用した器械はフェムトセカンドレーザーだったでしょうか?それともマイクロケラトームだったでしょうか?前者(フェムトセカンドレーザー)を用いた手術の方がより安全に角膜フラップは作成されるのですが、もしこれでトラブルを起こしたのであるなら手術時に吸引リングが外れたのかもしれません。もし後者(マイクロケラトーム)の場合には、特に角膜乱視が強い場合に、1)角膜フラプが薄くできる、または穴が開く(ボタンホール)、または、2)角膜表面が擦過により傷ができるということが考えられます。


翌日になってみると、右目は乱視が強くなり、ブレ(重なり)の幅が広くなっていました。左目はボヤけてしまいました。
黒目の状態が良くなく、今は傷がついているから、それが治れば視力も安定すると言われました。
本日12月23日、1週間検診に行きました。
この1週間で、手術直後のブレた視界から全く変化ありません。視力検査をしたところ、右目はブレがひどいまま。左目は、術前1.0あったものかわ0.4に落ちていました。


@上記1)の場合はやや厄介です。上記2)の場合には程度にもよりますが、時間が解決する可能性はあります。診察で状況を拝見することができないので何ともお答えのしようがありません。


今日の先生は、こういう状態はよくあることで、目の傷が治れば視力も戻ると言いますが、このままになってしまうのではないかと不安です。


@よくあることとは言えないと思いますが、その程度により予後は決まります。もっと詳しくお話を聞かなければお答えのしようがありません。


よくインターネットでは、次の日から視力が回復する、とありますが、私のような状態の人もいるのでしょうか。今の医院ではなく、別の医院に行った方がいいのでしょうか。


@確かに通常、ほとんどのケースは次の日から視力は回復します。今回は滅多には起きない何らかのトラブルがあったことは確かなようです。


このメールは 吉野眼科 (https://www.yoshino-eye-clinic.com) のメール相談フォームから送信されました
ーーーーーーーーーーーーー
医療法人社団爽見会
吉野眼科クリニック 吉野健一
〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階
TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com
ーーーーーーーーーーーーー

緑内障治療についてのご相談

お名前:●●●●
年齢:40代後半
性別:女性
送付先ご住所:〒114●●●●王子●●●●
メールアドレス:●●●●@softbank.ne.jp
ご相談内容:
現在、別の眼科で開放偶角緑内障で点眼していますが4本目となり、他に方法はないかと考えております。


@●●●●様:
ご質問ありがとうございます。
以下@でお答えいたします。
確かに点眼の効果が弱い場合には点眼の種類を増やすことが行われますが、点眼の種類が増えれば増えるほど患者さんの負担も増え、それが原因で治療が継続できなるケースが増すという結果が研究で明らかになっています。
したがって、そのようなことがないように一つのボトルに複数の薬剤を含有し、点眼本数を減らす目的で配合剤というタイプの点眼薬が開発されています。
●●さんはそのような点眼薬に変更されていますでしょうか?
点眼の種類を駆使した上でも、効果が弱く視野の悪化がみられる場合に手術ということになります。


知人が緑内障の手術で眼に穴を空けて治療したと聞きました。しかし、ホームページに緑内障の治療実績がないのですが対応いただけるのでしょうか。


緑内障の手術にもいくつか種類があります。「眼に穴を空けて治療」といった手術は閉塞隅角緑内障といったタイプの緑内障に行い、レーザーで虹彩に穴を開けます。発作を起こす比較的特殊なタイプの緑内障です。
一方、開放隅角緑内障にはまた別のレーザー手術である「SLT」といったものがあり、この手術で点眼1種類分程減らすことが可能といったデータも出ています。
その効果も望めない場合には通常入院して行う濾過手術といったものがあります。
まずは●●さんの緑内障がどんなタイプの緑内障なのかをまず知る必要があります。そして治療にあたっては、維持しなくてはならない視野の障害の進行速度がどんな状態なのかも勘案しなくてはなりません。
したがって、もし当院を受診なさるのであれば、前医でこれまで行ってきた眼圧の推移と視野のデータを持参していただくことが重要です。
前医からデータをいただくことは患者さんの権利ですので是非紹介状とともにデータをコピーしていただくことをお勧めします。


お忙しいところ申し訳ありませんが、ご回答いただけますでしょうか。宜しくお願い致します。
〜〜〜〜〜〜
医療法人社団爽見会
吉野眼科クリニック 吉野健一
〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階
TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com
〜〜〜〜〜〜

白内障への多焦点の眼内レンズ挿入術について

題名:ホームページ【メール相談フォーム】からのお問い合わせ

お名前:●●●●
年齢:50代半ば男性
送付先ご住所:東京都港区
メールアドレス:●●●●@gmail.com
ご相談内容:初めまして。

両目、特に左目が霞んできて、どうやら白内障かと思います。

仕事にも支障がでるため、多焦点の眼内レンズを考えていますが、どのような手順を踏めば良いでしょうか。

@●●●●様
多焦点眼内レンズ挿入術は先進医療認定施設でのみ行われます。当院は台東区で唯一の先進医療認定施設です。その白内障手術に関しては、単焦点であれ多焦点眼内レンズであれ、特に予約無しで私の診察日にご来院頂ければ術前検査が可能です。検査終了までに2−3時間程かかりますので、受付終了の少なくとも2時間前には到着をお願いします。
又、もしコンタクトレンズを装用しているのであればソフトコンタクトレンズなら10日ほど、ハードコンタクトレンズなら2週間程装用を中止した状態でご来院ください。

PS:
私の診察日は下記、HPでご確認ください。

〜〜〜〜〜〜
吉野眼科クリニック 吉野健一
〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階
TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com
〜〜〜〜〜〜

このメールは 吉野眼科 (https://www.yoshino-eye-clinic.com) のメール相談フォームから送信されました

近視・老視(老眼)でお悩みの中年女性よりICL(フェイキックIOL)についてのご相談

●●●●さま:
メール相談ありがとうございます。お返事遅れすいませんでした。以下@でお答えします。


お名前:●●●●
年齢:40代前半女性
送付先ご住所:〒1240001 葛飾区●●●●
メールアドレス:●●●●@gmail.com
ご相談内容:はじめまして。ホールICLという手術があると知り昨年から病院の情報を集めておりましたところ、こちらの医院のことを知りました。現在45歳です。コンタクトレンズを20年以上使用しています。半年前までハードコンタクトレンズを使用していましたが、不快感に我慢できずこの半年は1DAYコンタクトレンズを使用してきました。1か月前から遠近両用コンタクトレンズを使用し始めました。近くの文字が見えずらくなってきたからです。老眼が始まってきたということだと思うのですがこの状態でホールICLをやるのは遅いでしょうか?医院によってはICLは45歳までという記述もありました。


@ホールICL挿入術は技術的には全く可能です。しかし、白内障の兆候はないか?遠くに焦点を合わせると間違いなく老眼の影響で近くが見えづらくなるので、どのくらいの度数を狙うか?老眼鏡をかけることが許容できるか?等、じっくり吟味して手術に臨まなくてはなりません。


もし手術をするとすれば年末12月を希望していますが、その場合はいつ適応検査を受けるべきでしょうか?できれば今月9月か来月10月早々にに検査だけでも受けたいと思っております。


@9月か10月早々にお電話で術前検査を予約していただければ12月の手術は可能です。ただし、術前検査はソフトコンタクトレンズの場合、2週間の装用中止の上で行わなければなりませんのでご留意ください。


よろしくお願いいたします
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
医療法人社団爽見会
吉野眼科クリニック 吉野健一
〒110-0005東京都台東区上野1-20-10風月堂本社ビル6階
TEL:03-3839-5092, FAX:03-3832-3730
吉野眼科クリニックURL: https://www.yoshino-eye-clinic.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜